カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の217件の記事

2015年7月15日 (水)

書評ブログを再開します。

ココログではお久しぶりのざっくです。

2014年7月11日以来、このブログの更新を休止していましたが、ブログを再開することにしました。

でも、ここではありません。ライブドアブログの方で、ブログを再開することにしました。


ざっくの♡平日は読書だ!」 http://blog.livedoor.jp/zaku_rambo/


です。

こちらの方で、書評を中心として、映画、音楽、芸術などのレビューやコラム、写真などを掲載していきたいと考えています。過去記事は一部を除いて、移転済です。


これまでのように、毎日更新というわけにはいきませんが、のんびりと更新していきたいと思います。

なお、このブログはしばらくこのままにしておく予定です。

投稿再開は、7/20(月)の予定です。もうしばらく、お待ちください。m(_ _)m

2014年7月12日 (土)

ブログ(ココログ)の一時休止について

2008年5月24日のブログ開設(当時は楽天ブログ)以来、毎日更新を続けていたこのブログですが、しばらくの間、休止いたします。

休止の理由は健康上の理由ではありませんので、ご心配のなきよう、お願いします。

また別の形で再開することも考えております。そのときはまたお知らせいたします。

なお、アメーバブログ→ http://ameblo.jp/zaku-rambo/ の方は、CHANCE関連の記事のみですが、続けられる限り続ける予定です。

長い間、ご愛読いただき、ありがとうございました。

ざっくばらん坊

2014年3月 2日 (日)

獺祭に学んだこと。

どこかで似たようなタイトルのブログ記事を読まれた方もいらっしゃるかもしれませんが。

「獺祭」というお酒が人気なのだそうだ。昨今は若者の日本酒離れが進み、酒蔵の数も40年前に比べると半数以下に減り、日本酒の売上も年々右肩下がり。そんな中で、売上をうなぎ昇りにしているのが「獺祭」というお酒。

では、「獺祭」はどこで造られているのか。なんと私と同郷の山口県なのだ。しかし、山口県出身の私でさえ、山口県は酒処、という印象は全くない。お酒といえば、新潟とか福島とかお米とお水が美味しそうな北国のイメージが強いし、西日本で酒処といっても兵庫の灘か広島の西条あたり。九州はお酒というより焼酎だし、山口県のお酒、といっても全くピンとこない。

では、何故「獺祭」は売れたのか。3つポイントがあるようだ。

1つ目は、徹底した品質の向上。お酒の本質はまず美味しいこと。そのために、手間暇かけたお酒造りをしている。それは、まさに「謙虚に、真摯に自分を見つめてスキルを向上させ続けていくこと」に相違ない。決して手を抜かない、いつも全力で自分たちの目指すものを追求していく姿勢を持ち続けること。

2つ目は、常に最新の技術を取り入れていること。「獺祭」の仕込みの工程は手作業で手間暇かけて行われるが、仕込みと同じく重要な仕上げの工程では最新の技術をとりいれている。最新の技術に手を出すということはそれだけリスクが高まる、ということなのだけれど、そのリスクを敢えてとる=挑戦し続けることにより、本質である美味しさを追求している。創意工夫、まさにそれだろう。

そして、3つ目、私はこれが今一番求められていることだと思う。それは、売れない時期でも、営業(社長自ら)が一件一件酒屋を廻って、セールスをかけ続けたことだ。断られても断られても、諦めずにセールスして廻ったことだ。
まずはお店に置いてもらわなければ、いくら「獺祭」が美味しいお酒でもその良さは伝わらないし売れない。
ひとりでも多くの人の目に留まることがなければ、いくら「獺祭」が美味しいお酒でもその良さは伝わらないし売れない。
例え試飲(無料)でも、ひとりでも多くの人に実際に実物を手にとってもらい、実際に飲んでもらわなければ、いくら「獺祭」が美味しいお酒でもその良さは伝わらないし売れない。
(大切なことなので、3度言いました。)

そして、売れなければ、いくら美味しいお酒を造ったって、会社は倒産してその酒蔵は解散するしかない。「獺祭」も本州の西の果ての山口県という辺境で、ローカルに小じんまりとした商売は続けられたかもしれない。でも、倒産や解散というリスクをずっと背負い続けなければならない。実際、この酒蔵も一度、潰れかけたそうである。

「獺祭」も東京や大阪といったひとのいる場所に自分から出向いて、断られても断られても、泥臭く営業をしてきたから、ちょっとづつ酒屋に置いてもらえるようになり、ちょっとづつ日本酒好きに飲んでもらえるようになり、それが広がっていったのだ。本州の西の果ての山口県という辺境まで買いに来てください、飲みに来てください、というだけでは、ここまで売れることはなかっただろう。

自分たちは良いものを創った。それなのに売れなかったら仕方ない。それは言い訳でしかない。そんな言い訳など、私は聞きたくはないし、その挙句に解散なんて姿は見たくもない。自分たちが良いものを創っているのであれば、もっと泥臭く自分たちの創り上げているものをアピールすべきだし、もっと泥臭く営業して廻るべきだ。無料でもなんでも、自分たちの創り上げているのもをより多くのひとに観てもらうように、もっと泥臭く、もっと力を注ぐべきだ。

獺祭に学んだこと、というより、学ぶべきことはまさにそのことなのではないだろうか。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2013

小さくて読めないと思いますが、何の言葉を添えているかと言うと、

「重力を笑い飛ばせ。
さすれば めまいの都にある夜の屋上という屋上が、
僕らの目の前からひとりでに沈んでいくだろう。
少年はいつも動かない
世界ばかりが沈んでいくんだ。

野田秀樹『ゼンダ城の虜』より」

なぜ、『ゼンダ城の虜』の少年赤頭巾のラストの台詞を選んだのかは、自分でも謎です。

今年もこのブログをご贔屓に。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

2013年の願い: CHANCEがもっともっと大きくなりますように。

2012年2月14日 (火)

一度で良いから「もらっといてやる」と言ってみたい。「何を?」というツッコミはなしで。

一度で良いから「もらっといてやる」と言ってみたい。「何を?」というツッコミはなしで。

↓川崎のチッタデラのタワーがこんなことに。
Kawasaki_005

せっかくだから、写真を撮ってブログに載せておいてやる。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

2012年1月 1日 (日)

2012年もざっくばらん坊のブログをご贔屓に。

2012年もざっくばらん坊のブログをご贔屓に。よろしくお願いいたします。

2012

2012年の年賀状にはいつもの挨拶「あけましておめでとうございます」を入れませんでした。2012年は昨年以上に私たちの底力が試される年ではないかと思います。私も無理しない程度にがんばります。

2011年12月31日 (土)

2011年を振り返る(もしくは、ざっくばらん坊は公約を実現できたのか?)

2010年の大みそかに、2011年にしたいこと、ほしいものを宣言しましたが、ちゃんと実行できたのかを検証します。公約は言いぱなしではいけませんものね。

■2011年にしたいこと
・古代史を訪ねる旅をする(奈良か出雲)
 → 実行できず。奈良にはもう一度生きたかったなあ。
・最低4回は演劇を観る
 → 実行できました。2010年は1本しか演劇を観なかったのですが、2011年は12本も演劇を観ました。プロフィール欄に「趣味:演劇鑑賞」と書いても恥ずかしくないくらい、演劇を観た年でした。
・○活をする(○は伏字)
 → ○に入る文字は、実は「生」。「生活」ですね。これに勝る「○活」はなし。


ブログには書かなかった仕事上の目標も実は達成できませんでした。2012年はぜひ。


■2011年にほしいもの
・ブルーレイレコーダ
 → 買いました。毎週「モヤモヤさま~ず2」の録画に活躍しています。
・スマートフォン
 → 電話がつながらないという伝説のスマートフォンを購入。でも、アプリを入れていないほぼ初期状態のままです。

この他、大きい買い物としては、ちょっとお値段のする背広を新調しました。


2012年にしたいこと、ほしいものも宣言しておきましょう。

■2012年にしたいこと
・古代史を訪ねる旅をする
  まず、1月にお伊勢参りをします。奈良か出雲にも行きたいですね。
・最低12回は演劇を観る
  プロフィール欄に「趣味:演劇鑑賞」と書き続けられるようにしたいと思います。
・最低36本以上の映画を映画館で観る。
  昨年は震災の影響もあって映画館で観た映画は26本でした。それを超えたいと思います。(1か月3本ペース)
→ 上記の公約を実現しようとすると、毎週末、映画か演劇を観ないといけない計算になりはしませんかね。最初から無理っぽいですが、、、

■2012年にほしいもの
・特になし
  ほんとうに物欲がないなあ。ただし、仕事の都合で住環境を変えるかも。


それでは、2012年にこのブログでお会いしましょう。

2011年9月 3日 (土)

さよなら夏の日(4)

さよなら夏の日、いつまでも忘れないよ。

Ueno_016_2

2011年8月21日 (日)

さよなら夏の日(3)

さよなら夏の日。いつまでも忘れないよ。

Mttaik_001


2011年8月16日 (火)

さよなら夏の日(2)

さよなら夏の日、いつまでも忘れないよ。

Tama_004

より以前の記事一覧

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ