« 『中村龍史プロデュースCHANDOLL Live Performance スタジオライブ』(2014/05/31 13時)徳永愛、午前2時のハヤシライス。 | トップページ | 『飛ばしていくよ』(矢野顕子)矢野顕子さんの5年半ぶりのアルバムは、80年代の匂いがする。 »

2014年6月 4日 (水)

『脳には妙なクセがある』(池谷裕二著)よりよく生きるためには、よい経験を積む、ということ。

著者の池谷裕二さんは、「脳科学の視点から見て『よりよく生きるとはなにか』を考える」ことを目標にこのような本を書かれたという。

この本は「脳の妙なクセ」という切り口で26の話題をコンパクトにまとめてあるので読みやすい。専門的なムズカシイ単語をそれを知っていて当たり前のように書かれていないので、私のような脳科学の門外漢でも楽しく読めた。

私が面白かったのは22章「不自由が心地よい」。

「自由意志とは本人の錯覚にすぎず、実際の行動の大部分は環境や刺激によって、あるいは普通の習慣によって決まっている」

私たちは自分で決めることが大切だと教えこまれてきたけれど、私たちが自由な選択によって行動していると思っているものが、外部からのインプットに対する反射でしかなく、その反応は私たちが完会えるよりも先にすでに決定されている。

自由意志というものが幻想であるならば、私たちがよりよく生きるためには、どうすればよいのだろうか。

「自由判定装置が正しい反射をしてくれるか否かは、本人が過去にどれほどよい経験をしているかに依存しています。」

私たちがよりよく生きるためには、よい経験を積む、ということ。それは頭を働かせるだけでなく、体を動かすこと、五感すべてを駆使していろいろなインプットを経験すること。それがよりよいアウトプットに繋がっていく。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『中村龍史プロデュースCHANDOLL Live Performance スタジオライブ』(2014/05/31 13時)徳永愛、午前2時のハヤシライス。 | トップページ | 『飛ばしていくよ』(矢野顕子)矢野顕子さんの5年半ぶりのアルバムは、80年代の匂いがする。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ