« 青山円劇カウンシルファイナル『赤鬼』(2014/06/04-15)いつか、黒木華の夜長姫を観てみたい。 | トップページ | 『PLAY×LIVE「1×0」NEW VERSION エピソード4&5公演』(エピソード4) »

2014年6月26日 (木)

『ナモナキラクエン』(小路幸也著)山紫水明、そんな美しい景色があらゆる家族にありますように。

山、紫、水、明と名付けられた4人きょうだいは、4人とも母親が違う。結婚と離婚を繰り返してきた父親が「楽園の話を、聞いてくれないか」という言葉と一通の手紙を遺して突然亡くなってしまう。4人は父親の言葉からそれぞれの花親に会いに行くのだが・・・。

ラスト近くにどんでん返しがある。なぜ父親は結婚と離婚を繰り返したのか、そして4人きょうだいの名前が山、紫、水、明なのか。

山紫水明とは、山は日に映えて紫色に見え、川の水は澄んで清らかであること。そんな美しい景色をひとつひとつの家族が作りだすことができればどんなに素晴らしいことだろう。そんな願いが込められた小説。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 青山円劇カウンシルファイナル『赤鬼』(2014/06/04-15)いつか、黒木華の夜長姫を観てみたい。 | トップページ | 『PLAY×LIVE「1×0」NEW VERSION エピソード4&5公演』(エピソード4) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ