« 『ハルさん』(藤野恵美著)娘がやがてだんだんと離れて行く様は、娘を持つ父親でなくともじんわりくるものがある | トップページ | 「Sweet Pop Soda」(2014/03/02 恵比寿JAN KEN PON) ボーイハントに震えた夜。 »

2014年3月 6日 (木)

【安吾を読む】『お喋り競争』「ある意味で、狂わなければ、小説は書けない。」

 お喋りが止まらない宇野浩二に呼び出された安吾は暗い気持ちで出かけるが、途中で宇野以上に喋りまくってやろうと思い立ち、宇野の家を訪れる。

「とにかく作家はたとえ狂っても小説だけ狂わなければ、狂っていないと言わなければならないだろう。ある意味で、狂わなければ、小説は書けない。」


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『ハルさん』(藤野恵美著)娘がやがてだんだんと離れて行く様は、娘を持つ父親でなくともじんわりくるものがある | トップページ | 「Sweet Pop Soda」(2014/03/02 恵比寿JAN KEN PON) ボーイハントに震えた夜。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ