« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~』(三上延著)娘は母親の言葉に魅かれながらも、またしても寸でのところで思いとどまる。 | トップページ | 『神なき国の騎士―あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか?』光溢れる国のドン・キホーテ。 »

2014年3月15日 (土)

『UN-GO 因果論』(會川昇著)「安吾捕物帖」ではトンチンカンな推理を披露した勝海舟はここでは真実を捻じ曲げる黒幕として描かれる。

深夜アニメで放送されたいた時はスルーしていたのですが、本屋で目にとまったので読んでみました。坂口安吾の「明治開化安吾捕物帖」をベースに、舞台を近未来の日本(そこでも日本は敗戦したという設定)に移して描かれる。

「安吾捕物帖」ではトンチンカンな推理を披露した勝海舟はここでは真実を捻じ曲げる黒幕として描かれる。これが大きな違い。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~』(三上延著)娘は母親の言葉に魅かれながらも、またしても寸でのところで思いとどまる。 | トップページ | 『神なき国の騎士―あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか?』光溢れる国のドン・キホーテ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ