« 『伊勢佐木町ブルース』(白鳥吏南)セクシーな歌声で昭和歌謡を熱唱。 | トップページ | 『永続敗戦論――戦後日本の核心』(白井聡著)「日本は戦争に負けた」ということを受け容れない限り、戦後は終わらない。 »

2014年2月27日 (木)

『東京ピーターパン』(小路幸也著)自分の「保身」を忘れたとき、奇跡は起こる。

 冒頭、人身事故の場面から始まる物語。ひき逃げしまったひとのその後は謎のまま、物語は進んでいく。伝説のギタリストで今はホームレスの辰吾、メジャーを夢見るバンドマン・小嶋、彼らを巻き込んでひき逃げしてしまったサラリーマンの石井が逃げ込んだのは寺の土蔵。そこは引きこもりの高校生・聖矢の住処だった。彼らを結び付けるのは聖矢の姉でOLの茉莉。

 年齢も人生もバラバラ、けれど唯一の「共通点」を持つ彼らが出会ったとき奇跡が起こる。

 登場人物がひとり、またひとり登場するたび、ああ、これは最後にバンドをやる話になっていくんだろうな、と想像がつく。それぞれ、自分の「保身」のために振る舞ってきた彼ら。そんな彼らが一歩だけ自分の殻を破って出てきたとき、奇跡が起こる。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『伊勢佐木町ブルース』(白鳥吏南)セクシーな歌声で昭和歌謡を熱唱。 | トップページ | 『永続敗戦論――戦後日本の核心』(白井聡著)「日本は戦争に負けた」ということを受け容れない限り、戦後は終わらない。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ