« 【安吾を読む】『明治開化 安吾捕物 その六 血を見る真珠』「この世に金の値打ほど不思議を働く物はないのさ。」 | トップページ | 森下純菜レギュラーライブ「GENKI!?Vol.66バレンタインSpecial」(2014/02/15 渋谷O-Crest)L・O・V・ヨ? »

2014年2月15日 (土)

【安吾を読む】『明治開化 安吾捕物 その七 石の下』石の下というのは囲碁用語で、意図的に相手に石を取らせて空いた交点に着手する手筋のことだそうだ。

囲碁の対局直後に起こった奇妙な殺人事件に隠居し悠々自適に暮らしていた幕末の英雄・勝海舟、弟子の虎之介、紳士探偵・新十郎が挑む。

石の下というのは囲碁用語で、意図的に相手に石を取らせて空いた交点に着手する手筋のことらしい。私は囲碁をしないので、なんのことやらわからないが。まあ、そういうトリックだ、ということ。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『明治開化 安吾捕物 その六 血を見る真珠』「この世に金の値打ほど不思議を働く物はないのさ。」 | トップページ | 森下純菜レギュラーライブ「GENKI!?Vol.66バレンタインSpecial」(2014/02/15 渋谷O-Crest)L・O・V・ヨ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ