« 『数字で読む「アベノミクスの空騒ぎ」―新潮45eBooklet』(藻谷浩介著)アベノミクスの薔薇色の明日は数字によって否定される。 | トップページ | 【安吾を読む】『天才になりそこなった男の話』「じつさいに君、病気は気の持ちようだよ。また僕達の人生もそうだよ、君」 »

2014年2月 7日 (金)

【安吾を読む】『人生三つの愉しみ』「人間の愉しみは禁止せずに、その害を取り除くべく相共に努力すべきものではなかろうか。」

「人の愉しみは銘々好き好きのものであるから、各人の好むにまかせて、あげつらうべきものではないし、ヤキモチをやくべきものではなかろう。人間は働く機械ではなく、その休養をとり、愉しむのが当然だ。人間の愉しみは禁止せずに、その害を取り除くべく相共に努力すべきものではなかろうか。」

スポーツをして体を鍛えているから健全で、お酒を飲んだくれているから不健全、という単純な話ではない。いずれにしろ、好きなものを好きと言えて、好きなものをいつまでも続けられる、それが人生にとってもっとも大切なことなのかもしれない。そして、それを害するものに対してはお互いに取り除くべく努力すれば、より多くのひとが好きなものをずっと好きで居続けられる。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『数字で読む「アベノミクスの空騒ぎ」―新潮45eBooklet』(藻谷浩介著)アベノミクスの薔薇色の明日は数字によって否定される。 | トップページ | 【安吾を読む】『天才になりそこなった男の話』「じつさいに君、病気は気の持ちようだよ。また僕達の人生もそうだよ、君」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ