« 【安吾を読む】『勉強記』「迷う心のあるうちは、迷いぬくより仕方がないと痛感した。」 | トップページ | 『伊勢佐木町ブルース』(白鳥吏南)セクシーな歌声で昭和歌謡を熱唱。 »

2014年2月25日 (火)

『堕落論・特攻隊に捧ぐ - 無頼派作家の夜』(坂口安吾著)「一番大切なことは戯作者ということだね。面倒臭いことでなしに、戯作者ということが大切だ。」

坂口安吾、太宰治、織田作之助が奔放に語る鼎談「歓楽極まりて哀情多し」をフィーチャーし、「無頼派作家の夜」と副題をつけて安吾・太宰・織田作の作品を文庫化。安吾編を読んだ。

ちなみに、「歓楽極まりて哀情多し」とは、「喜び楽しむことが極まると、かえって悲しみの情が生じること。」

安吾「一番大切なことは戯作者ということだね。面倒臭いことでなしに、戯作者ということが大切だ。これがむずかしいのだ。ひとより偉くない気持ち……。」

安吾の作品の多くは青空文庫で無料で読めるのだが、「戦争と一人の女」の [無削除版]が収録されていたので購入。削除された箇所に線が引いてあって、それが興味深い。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『勉強記』「迷う心のあるうちは、迷いぬくより仕方がないと痛感した。」 | トップページ | 『伊勢佐木町ブルース』(白鳥吏南)セクシーな歌声で昭和歌謡を熱唱。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ