« 【安吾を読む】『裏切り』軽やかで明るい斜陽の物語。 | トップページ | NO-STyLe-GArden~ノスタルジア~ 第4回公演『イエスタデイ ワンス モア』最後に思わずもらい泣きしてしまった。 »

2014年1月25日 (土)

【安吾を読む】『男女の交際について』「日本には内省から始まる知識というものが殆どなく、(中略)、それがむしろ悪徳とせられていた。」

「男女の交際とても、人生万事元は一つで、まず己れを知る生活から始まらなければならない。そして、如何に生くべきか、という事の一つとして行われるべきもので、その根本の確立だけが何より大事なものである。」

安吾は表層的な道徳観の化けの皮を剥がす。

「日本には内省から始まる知識というものが殆どなく、命令と服従、禁止と許可、鋳型の中で育てられて疑ることも知らず、自分で考えるということを知らないばかりでなく、それがむしろ悪徳とせられていた。」

自分の外にある道徳が美徳なのではなく、自分の内側にある道徳こそが美徳なのである。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『裏切り』軽やかで明るい斜陽の物語。 | トップページ | NO-STyLe-GArden~ノスタルジア~ 第4回公演『イエスタデイ ワンス モア』最後に思わずもらい泣きしてしまった。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ