« 『偉大なる、しゅららぼん』(万城目学著)ある言葉に違和感を覚えれば、この物語のどんでん返しが予想できたりするかも。 | トップページ | 【安吾を読む】『男女の交際について』「日本には内省から始まる知識というものが殆どなく、(中略)、それがむしろ悪徳とせられていた。」 »

2014年1月24日 (金)

【安吾を読む】『裏切り』軽やかで明るい斜陽の物語。

貧乏華族の日野、八千代、そして店の主人などの群像劇。没落している華族といえば、太宰治の作品を想起してしまうが、安吾の作品は軽やかで明るい。

「彼は生れてはじめて友情を裏切らなかったのかも知れませんが、これには後々まで後悔に後悔を重ねたのです。」

というオチに、人間ってそんなものだよね、という安ど感を憶える。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『偉大なる、しゅららぼん』(万城目学著)ある言葉に違和感を覚えれば、この物語のどんでん返しが予想できたりするかも。 | トップページ | 【安吾を読む】『男女の交際について』「日本には内省から始まる知識というものが殆どなく、(中略)、それがむしろ悪徳とせられていた。」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ