« 『宮崎駿はなぜ引退を決意したのか?』(岡田斗司夫 FREEex著)『辞める!』と言っている宮崎駿監督をもう誰も止められなくなった? | トップページ | 【安吾を読む】『天皇陛下にささぐる言葉』「人間の値打ちというものは、実質的なものだ。」 »

2014年1月 9日 (木)

『クリスマスを探偵と』(伊坂幸太郎著)「仮説」が「真実」に辿り着く、伊坂さんらしい作品。

Kindle本。伊坂幸太郎さんの短編小説を電子書籍化したもの。伊坂さんがデビュー前に書いた小説を再構築したものだそうだ。

舞台はドイツ・ローテンブルク。探偵カールがクリスマスの夜に出会った、不思議な男の物語。嘘が真を呼ぶ、「仮説」が「真実」に辿り着く、伊坂さんらしい作品だ。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『宮崎駿はなぜ引退を決意したのか?』(岡田斗司夫 FREEex著)『辞める!』と言っている宮崎駿監督をもう誰も止められなくなった? | トップページ | 【安吾を読む】『天皇陛下にささぐる言葉』「人間の値打ちというものは、実質的なものだ。」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ