« 『ブラックジャックによろしく 10』(佐藤秀峰作)この巻は、医療と報道の在り方について問いかける。 | トップページ | 【安吾を読む】『教祖の文学』「自分といふ人間は他にかけがへのない人間であり、死ねばなくなる人間なのだから、自分の人生を精いつぱい、より良く、工夫をこらして生きなければならぬ。」 »

2014年1月16日 (木)

『食堂つばめ 2 明日へのピクニック』(矢崎存美著)私たちは生きるために食べているが、食べるということは生きるということを思い出させてくれる。

矢崎存美さんの「食堂つばめ」シリーズ第2弾。「食堂つばめ」は、生と死の境目の街にある。生と死の境目にやってきたひとのために、料理人ノエが、そのひとが生きている世界で好きだった料理を作ってくれる。その味を思い出して、もう一度生きる世界に戻ってくれることを願いながら。

妻オリジナルのつゆだく肉じゃが、老舗洋食屋のマカロニグラタン、おばあちゃんが作ってくれたかき餅、など。ひとそれぞれ、好きだった味があるはず。その味を思い出すことができれば、その大切なひとや大切な時間、大切な空間を恋しくなり、生きていた世界に戻りたくなる。私たちは生きるために食べているが、その食べるということが生きることを思い出させてくれる。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『ブラックジャックによろしく 10』(佐藤秀峰作)この巻は、医療と報道の在り方について問いかける。 | トップページ | 【安吾を読む】『教祖の文学』「自分といふ人間は他にかけがへのない人間であり、死ねばなくなる人間なのだから、自分の人生を精いつぱい、より良く、工夫をこらして生きなければならぬ。」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ