« 『清須会議』(三谷幸喜著)自分を偽らず、自分の心に殉じて滅びていく勝家こそ、愛すべきひとである。 | トップページ | 『MEMORY』(本多孝好著)神田と森野、2人の微妙な関係の変化が楽しめる。  »

2013年11月 6日 (水)

『暗殺教室 4』(松井優征作)自分たちが殺したい、彼らに殺されたい、というイビツだが強い絆で結ばれた教室という空間。

この巻では、2人目の転校生(刺客)により、殺センセーが追い詰められる話と、E組を貶めるための競技大会の序盤が描かれている。しかし、殺センセーもE組の生徒たちもそう簡単にやられるはすもなく。

「殺す」「殺される」という関係で結ばれた生徒と先生。自分たちが殺したい、彼らに殺されたい、というイビツだが強い絆で結ばれた教室という空間。ますます目が離せない。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『清須会議』(三谷幸喜著)自分を偽らず、自分の心に殉じて滅びていく勝家こそ、愛すべきひとである。 | トップページ | 『MEMORY』(本多孝好著)神田と森野、2人の微妙な関係の変化が楽しめる。  »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ