« 『岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る1~人でなしの恋を描いた「風立ちぬ」~』(岡田斗司夫著)薄情者の恋と夢は多くの犠牲の上に成り立っている。 | トップページ | 『機動戦士ガンダムさん (10)の巻』(大和田秀樹作)「何かが間違って伝わって誤解されたまま製作された」ガンダムに笑う。 »

2013年11月23日 (土)

『岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る2~本当は残酷で恐ろしくて美しい「風立ちぬ」~』(岡田斗司夫)犠牲の上に成立しているから、せめて綺麗な夢を見せましょう。メデタシ、メデタシ?

kindle本。宮崎駿監督の『風立ちぬ』を宮崎作品の最高傑作と言う岡田斗司夫さんは、この物語はみんなが思っているような美しい物語ではないよ、と言う。その続編なのだが、ほとんど、前の巻で言い尽くした感があり、この巻はほとんど補足のようになっている。聞き手のリアクションもワンパターンで、岡田さんの話を引きだしているとも言い難い。

岡田さんは、堀越二郎さんもひどいひとだったが、宮崎駿さんもひどい人だよ、と言っている。宮崎監督は「教養がなかったり、美しいモノを作るジャマをするような人達には興味がない」ひとだし、「文化・文明というのは犠牲になるひとがいるから成り立つ」と言っていると。

しかし、第1巻の岡田さんの言葉を借りれば、「犠牲の上に成立しているから、せめて綺麗な夢を見せましょう」ということであり、「夢に魅入られて人達は呪われているかもしれないけれど、彼らの夢のお陰で日本人はひととき幸せになりました」と。

私たちは、それにメデタシ、メデタシ、という結びの言葉を口にして良いものかどうか、複雑な気持ちになる。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る1~人でなしの恋を描いた「風立ちぬ」~』(岡田斗司夫著)薄情者の恋と夢は多くの犠牲の上に成り立っている。 | トップページ | 『機動戦士ガンダムさん (10)の巻』(大和田秀樹作)「何かが間違って伝わって誤解されたまま製作された」ガンダムに笑う。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ