« 【安吾を読む】『肝臓先生』映画のせいで内容をすっかり忘れていた。 | トップページ | 『電動夏子安置システム・シアターグリーン3劇場連動企画』境界線を越えたとき、世界は音を立ててガラッと変わる。 »

2013年10月26日 (土)

【安吾を読む】『坂口流の将棋観』「何事によらず、実質が心棒、根幹というものである。」

「実質がおのずから形式を決定してくるもの、何事によらず、実質が心棒、根幹というものである。」

「実質こそがすべて」という安吾らしい将棋観。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『肝臓先生』映画のせいで内容をすっかり忘れていた。 | トップページ | 『電動夏子安置システム・シアターグリーン3劇場連動企画』境界線を越えたとき、世界は音を立ててガラッと変わる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ