« 『永遠の0』(百田尚樹著)「生きねば。」それは零戦を作った者にだけでなく、零戦に乗って戦った者にも手向けられるべき言葉だろう。 | トップページ | 『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』(安冨歩著)歴史と言うものを、自分が生きているまさにこの時代を作ったものとして捉え直してみたい。 »

2013年9月12日 (木)

『ぶたぶた洋菓子店』(矢崎存美著)矢崎作品は食べ物が美味しそうに描かれる。読むと食欲をそそられる。

かっては1年に一度、年末年始のお楽しみだった「ぶたぶた」シリースも最近は夏休みと年末年始の2回楽しめるようになった。嬉しいことだ。

森の中の洋菓子店「コション」は、地元では人気のスイーツのお店。可愛いぶたの顔形をしたサクサクのマカロン、ほろほろと口の中で溶ける絶品マドレーヌ。ところが、そんな魔法のようにおいしいお菓子を作るパティシエの姿を見た人はいない。お菓子作りコンテストに出場を目指す男子高校生がパティシエの正体をつきとめようとするが・・・。

矢崎作品は食べ物が美味しそうに描かれる。読むと食欲をそそられる。食べることは生きること、生きることの楽しみ。だから、ぶたぶたの物語に魅かれるのかもしれない。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『永遠の0』(百田尚樹著)「生きねば。」それは零戦を作った者にだけでなく、零戦に乗って戦った者にも手向けられるべき言葉だろう。 | トップページ | 『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』(安冨歩著)歴史と言うものを、自分が生きているまさにこの時代を作ったものとして捉え直してみたい。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ