« 『ブラックジャックによろしく 2』(佐藤秀峰作)この巻で象徴的なものは「笑顔」。患者が回復すれば、笑顔になるのは患者だけではない。 | トップページ | 『この国。』(石持浅海著)デフォルメされているとは言え、「この国。」の姿はこの国にもつながる。 »

2013年8月29日 (木)

『オー!ファーザー』(伊坂幸太郎) 一見、関連性のない出来事が1つに結実する展開は、まさに伊坂節。

4人の父親がいる高校生の由紀夫。マンマ・ミーアの設定より1人多い。しかも、ギャンブル好き、女好き、博学卓識、スポーツ万能、というバラエティに富んだ父親たちに守られて由紀夫は育った。そんな彼が遭遇する、不登校のクラスメイト、すり替えられた鞄、ヤバイ連中に絡まれた元クラスメイト、等の事件。それらが絡み合って、大団円を迎える。

一見、関連性のない出来事が1つに結実する展開は、まさに伊坂節。そういう意味では初期の伊坂作品の集大成ともいえる作品。新聞連載作品のためか、短いスパンで山場が次々に起こるので読むのもテンポよく読める。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『ブラックジャックによろしく 2』(佐藤秀峰作)この巻で象徴的なものは「笑顔」。患者が回復すれば、笑顔になるのは患者だけではない。 | トップページ | 『この国。』(石持浅海著)デフォルメされているとは言え、「この国。」の姿はこの国にもつながる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ