« 『LIAR GAME 16』(甲斐谷忍著)アキヤマの心にちょっとした変化が起きる。それがこの巻の見どころ。 | トップページ | 『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』(安冨歩著)「承知しました」で「東大話法」がなくせる? »

2013年8月 1日 (木)

『HEARTBLUE』(小路幸也著) 決して結ばれることがないからこそ、深く大切な関係もある。

『HEARTBEAT』の続編。舞台は、かって「あいつ」がいたニューヨーク。ニューヨーク市警失踪人課のワットマンを一人の少年が訪ることから物語が始まる。その少年は、ワットマンとある事件で知り合ったサムだった。サムは失踪した友人ペギーの捜索をワットマンに依頼する。一方の巡矢も、一葉の写真に写っていた少女の行方を追い始める。ワットマンと巡矢、「あいつ」を挟んで向き合う二人の男は、全く違う方向から1つの決着点に辿り着く。

この物語は、決して結ばれることのない2人、という関係がひしめきあっている。そういうもどかしい思いを抱きながら、その見えない壁を意識しながらも、しかし、そういう想いを抱いているからこそ、深く、彼らは繋がっている。

一方で、この物語で語られるのは、決して結ばれることのない2人、という関係を壊したひとたちの悲劇だ。決して結ばれることがないからこそ、大切な関係ということが世の中にはたくさんある。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『LIAR GAME 16』(甲斐谷忍著)アキヤマの心にちょっとした変化が起きる。それがこの巻の見どころ。 | トップページ | 『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』(安冨歩著)「承知しました」で「東大話法」がなくせる? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ