« 【安吾を読む】『風と光と二十の私と』「人間の尊さは自分を苦しめるところにある」 | トップページ | 『不道徳教室』 これは「今」なのか「過去」なのか、混乱する中、一気に崖っぷちに追い詰められる。 »

2013年6月 1日 (土)

【安吾を読む】『黒田如水』二流と一流を分けるもの。安吾の目線はそれを冷徹に観る。

坂口安吾は歴史上の人物についても作品を残している。これは黒田如水という豊臣秀吉の軍師の物語。安吾は、黒田如水を「二流の人」と見なしている。この物語でも第一部では黒田如水について描いているが、第二部では徳川家康について描いている。その対比によって、二流と一流の違いが際立っている。秀吉は黒田如水が二流であることを見抜き、侮った。それが黒田如水を家康につかせ、豊臣家は滅亡することになる。

家康は三方が原で武田信玄にコテンパンに負けた。家康は自己をつき放すところに自己の創造と発見を賭けた。そして、その堂々と敗北した。黒田如水もかってそのような賭けをしたが、その賭けに負けてからもう賭けをしなくなった。家康はコテンパンに負けても、その賭けをやめなかった。その差が二流と一流を分けた。安吾の目線はそれを冷徹に観ている。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『風と光と二十の私と』「人間の尊さは自分を苦しめるところにある」 | トップページ | 『不道徳教室』 これは「今」なのか「過去」なのか、混乱する中、一気に崖っぷちに追い詰められる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ