« 『大事なものは見えにくい』(鷲田清一著) 大事なことは、理解することではなく、理解しようとすること。 | トップページ | 『コラーゲン食って肌がぷりぷりになるわけねーだろ』(元木一朗著)『ブラックジャックによろしく』のパロディが秀逸。 »

2013年6月19日 (水)

『明日の空』(貫井徳郎著)ミステリィではなく青春小説として読むと、この物語は全く別の形を見せる。

帰国子女の栄美は不安いっぱいで日本の高校での初日を迎えた。幸いにも友達ができ、気になる男の子とも仲良くなれた。しかし、気になる男の子ともすれ違いが続き、やがて別れを経験することに。しかし、大学生となった栄美の前に現れたある人との出会いから、高校時代の思い出はまったく別の形を見せてゆく。

重苦しい作品が多い著者には珍しく明るい作品。しかし、この作品は映像化できないなあ。ミステリィだから肝心な部分を隠すのは当然かもしれないが、その隠し方がフェアじゃないとも思えたし。

しかし、ミステリィではなく青春小説という読み方をすると、この作品はまったく別の形を見せる。

「ひとりひとりが自分勝手なことをしたら、それが積もり積って大変なことになてしまうかもしれない。でも逆に、ひとりひとりが他人のために何かをしてあげられたら、ちょっといいことに繋がりそうじゃないか?」

良い行いも悪い行いも連鎖する。これが著者の作品の根底に流れるテーマなのかもしれない。明日の空を晴れさせるのも曇らせるのも雨を降らせるのも、じぶん自身の行いにすべてかかっている。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『大事なものは見えにくい』(鷲田清一著) 大事なことは、理解することではなく、理解しようとすること。 | トップページ | 『コラーゲン食って肌がぷりぷりになるわけねーだろ』(元木一朗著)『ブラックジャックによろしく』のパロディが秀逸。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ