« 『おどろきの中国』(橋爪大三郎,大澤真幸,宮台真司著)私たちは中国という隣人を理解しようとすることを怠っているのかもしれない。 | トップページ | 【安吾を読む】『私は海をだきしめてゐたい』「私は甘んじて、不幸を探し求めればよかった。」 »

2013年6月27日 (木)

『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン(6)』(小路幸也著)サチさんの一言は、心に沁みる。

東京下町で老舗古書店“東京バンドワゴン”を営む四世代の大家族、堀田家の物語の第6弾。やっぱり愛に溢れていた。

この物語の語り部は、勘一の妻で、すでにこの世を去ったサチ。サチさんの一言は、心に沁みる。

「しっかりと歩いて行くことですよ。周りの人に支えられてでも、それが恥ずかしくても、自分が情けなくても、歩いていかなきゃならんのです。」

自立=ひとりでも生きていけること、と私たちは教えられてきたような気がする。でも、ひとはひとりで生きていけるほど強くもないし、大なり小なり過ちも犯すし、そういう自分が情けなく恥ずかしくもある。そういうひとたちがお互いに支え合うことで、ひとは歩いていける、生きていける。この大家族の物語は、そういう優しさでできている。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『おどろきの中国』(橋爪大三郎,大澤真幸,宮台真司著)私たちは中国という隣人を理解しようとすることを怠っているのかもしれない。 | トップページ | 【安吾を読む】『私は海をだきしめてゐたい』「私は甘んじて、不幸を探し求めればよかった。」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ