« 【安吾を読む】『明治開化 安吾捕物 その一 舞踏会殺人事件』英雄・勝海舟がズパッと解決、しない探偵モノ。 | トップページ | 『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(山口揚平著)これからはお金よりも個人の信用が生き残る術になる。 »

2013年5月19日 (日)

『マボロシの鳥』(太田光著) これは、良質のファルス(笑劇)である。

爆笑問題の大田光さんのデビュー作。かなり評価が分かれているようだ。しかし、物語自体が漫談のような作品もあるが、そういう漫才師ならではの語り口から語られる物語は、良質のファルス(笑劇)のようでもある。

表題作の「マボロシの鳥」は、舞台芸人チカブーの誰もが夢中になるそして見る者によって全く印象が違うという、美しく輝く不思議な鳥を出す見世物。しかし、チカブーはその鳥を失ってしまう、という物語。独占が文明を滅ぼす、という物語である。

「タイムカプセル」は、世界一美しいといわれる島で、数十年を経て、不発弾がある家族にもたらした皮肉な運命を描く。彼の希望が、彼が落としたバクダンによって失われるという、自業自得、こういう救いのない物語こそ、文学のふるさとかもしれない。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『明治開化 安吾捕物 その一 舞踏会殺人事件』英雄・勝海舟がズパッと解決、しない探偵モノ。 | トップページ | 『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(山口揚平著)これからはお金よりも個人の信用が生き残る術になる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ