« 演劇『Juliet ジュリエット』 [改題]矢原里夏第一回座長公演、無事終了。 | トップページ | 『道徳という名の少年』(桜庭一樹著) 桜庭作品に流れる鳥取県西部のあの空気、匂いは、懐かしくもある。 »

2013年5月14日 (火)

『内田さんに聞いてみた 「正しいオヤジ」になる方法』(内田樹,木村政雄著) 私は自分もやがて年をとり、老人になることを想像できないひとの言葉を信じない。

元吉本興業常務、木村政雄さんが、内田樹さんに「正しいオヤジ」になる方法を聞いてみたという対談をまとめたもの。かつて日本に存在した「オヤジ」はすっかりその存在感を失い、橋下徹さんを代表とする「あんちゃん」世代が「オヤジ」的なものを駆逐しようとしている。しかし、「あんちゃん」世代の旺盛はすでに終わりを迎えつつあり、その下に「青年」的なる世代が台頭してきている。内田さんたちは、その新しい「青年」たちに期待を寄せているようである。

確かに、「オヤジ」というのは印象が悪い。年齢を重ねても輝いている女性は世間の注目を浴び、年下の女性たちから憧れたりもするけれど、男性の場合はなかなかそのようにはならないようでもある。「あんちゃん」世代からして観れば、「オヤジ」たちは既得権の上に胡坐をかき、自分たちが得てしかるべき富や利益を決して手放さない、まさに倒すべき敵のように見られている。彼らは時に「老害」という言葉までも動員し、「オヤジ」たちを害虫のごとく攻め立てる。

しかし、彼らはいつも忘れている。自分たちもやがて年をとり、老人になっていくことを。

「あんちゃん」世代は自分たちが50歳までしか生きないつもりなのかもしれないが、今や人生50年の時代ではない。「あんちゃん」世代が60歳、70歳、80歳という年になったときに、今と同じことを言い続けることができるのか。やがて、自分たちが今自分たちが敵と見なしている年齢になる、ということすら想像できないひとたちの言葉を、私は納得することなど、到底できない。

世代というものは必ず揺り戻しがある。「あんちゃん」世代の下の新しい「青年」世代は、所詮世の中は金と欲、それを手にしたものが勝ち組という「あんちゃん」世代のようにはならないだろう。新しい「青年」世代は礼儀正しく、富や利益を独占することよりもシェアすることに価値を見出し、より優しい社会を築いていくかもしれない。
そういう社会が訪れたとき、新しい「青年」世代年をとった「あんちゃん」世代を「老害」などとは呼ぶことはないかもしれない。それでも、自分たちが「老害」などと言われることなど決してない、というように振る舞うことは、やっぱり想像力が欠如している、どこかおかしい、と言わざるをえない。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 演劇『Juliet ジュリエット』 [改題]矢原里夏第一回座長公演、無事終了。 | トップページ | 『道徳という名の少年』(桜庭一樹著) 桜庭作品に流れる鳥取県西部のあの空気、匂いは、懐かしくもある。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ