« 『内田さんに聞いてみた 「正しいオヤジ」になる方法』(内田樹,木村政雄著) 私は自分もやがて年をとり、老人になることを想像できないひとの言葉を信じない。 | トップページ | 『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄著)いろいろなしがらみに足を引っ張られて、それでもなお生きていくひとたちの物語。 »

2013年5月15日 (水)

『道徳という名の少年』(桜庭一樹著) 桜庭作品に流れる鳥取県西部のあの空気、匂いは、懐かしくもある。

とある小さな国の絶世の美女から生まれた3姉妹とその弟は、1、2、3、そして、悠久と名付けられる。そのきょうだいたちは背徳を繰り返し、やがて滅びに向かっていく。退廃的な物語だが、血が引き継がれていく物語は著者が繰り返しテーマにしているもの。

「かんばせ」などという言葉は久しぶりに目にした。「かんばせ」というのは、顔つき、容貌のことだが、対面、面目という意味もある。普通は容貌とか容姿といった言葉を使うところだろうが、こういう言葉のセンスは桜庭作品だなあ、と思ったりもする。

この文庫本には、ボーナストラックとして、最初期から最新作までを網羅したインタヴュー集「桜庭一樹クロニクル2006‐2012」が収録されている。私はかって鳥取県西部に住んでいたことがあり、あのどんよりとした天気、かって神話の世界の名残ともいえる匂いは、実感できる。桜庭さんは鳥取県西部の出身らしい(ウィキペディアはアテにならない)が、桜庭作品に流れるあの空気、匂いは、懐かしくもある。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『内田さんに聞いてみた 「正しいオヤジ」になる方法』(内田樹,木村政雄著) 私は自分もやがて年をとり、老人になることを想像できないひとの言葉を信じない。 | トップページ | 『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄著)いろいろなしがらみに足を引っ張られて、それでもなお生きていくひとたちの物語。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ