« 【安吾を読む】『特攻隊に捧ぐ』「私は戦争を最も呪う。」この安吾の言葉をしっかりと受け止めたい。 | トップページ | 映画『LOOPER』 未来を変えるためには、今を変えるしかない、という真理は今も未来も変わらない。 »

2013年5月25日 (土)

【安吾を読む】『白痴』私は、戦争が終わっても生き延びたであろう、伊沢と白痴の女のことを想う。

坂口安吾の代表作のひとつ。

映画会社に務める伊沢は、豚と家鴨が同居する珍妙な下宿に住んでいる。伊沢は芸術を志していたが、芸術への志を失った映画会社から貰う二百円の給料を失うことにびくびくしている。ある日、その隣に住む白痴の女が突如部屋に現れたことから、彼の生活が変る。やがて伊沢の住む地域にもバクダンが投下される。火の海となった地上で、伊沢は白痴を連れて逃げる。

「米軍が上陸し、天地にあらゆる破壊が起り、その戦争の破壊の巨大な愛情が、すべてを裁いてくれるだろう。考えることもなくなっていた。」

しかし、米軍は東京には上陸して来ず、戦争は終わることを私たちは知っている。私は、この作品を読んで、戦争が終わって、生き延びたであろう伊沢と白痴の女のことを想わずにはいられない。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 【安吾を読む】『特攻隊に捧ぐ』「私は戦争を最も呪う。」この安吾の言葉をしっかりと受け止めたい。 | トップページ | 映画『LOOPER』 未来を変えるためには、今を変えるしかない、という真理は今も未来も変わらない。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ