« 『写楽 閉じた国の幻(下)』(島田荘司著)それ以外の謎はすべてほっとかれて、写楽の謎だけは証明完了する。 | トップページ | 『出雲と大和――古代国家の原像をたずねて』(村井康彦著)出雲が大和に進出して邪馬台国を作る。邪馬台国は大和朝廷とは断続している。 »

2013年4月11日 (木)

『邪馬台国殺人紀行』(鯨統一郎著)美女3人・旅情・殺人、2時間ドラマ3本分。

美人歴史学者の静香、ひとみ、東子の女子三人は、旅行&ウォーキングサークル「アルキ女デス」を結成。まず彼女たちが旅したのは、吉野ヶ里遺跡。そこで彼女たちは知人の考古学者の死体を発見、事件に巻き込まれる。その後も纏向-箸墓、三内丸山と、行く先々で死体を発見しては事件に巻き込まれる。彼女たちは、歴史学者=安楽椅子探偵として犯人を推理していく。

彼女たちが訪れるのは、吉野ヶ里、纏向、三内丸山と邪馬台国があったのではないか、と言われる場所。三内丸山? ピンとこないとは思うが、鯨統一郎作品なのだから、笑って許しましょう。

美女3人・旅情・殺人、2時間ドラマの王道とも言える要素がてんこ盛りの3本。ぜひ2時間ドラマシリーズ化して欲しい。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『写楽 閉じた国の幻(下)』(島田荘司著)それ以外の謎はすべてほっとかれて、写楽の謎だけは証明完了する。 | トップページ | 『出雲と大和――古代国家の原像をたずねて』(村井康彦著)出雲が大和に進出して邪馬台国を作る。邪馬台国は大和朝廷とは断続している。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ