« 『写楽 閉じた国の幻(上)』(島田荘司著)興味深い推理だが、残念なのは、タイトルでネタバレしていること。 | トップページ | 『邪馬台国殺人紀行』(鯨統一郎著)美女3人・旅情・殺人、2時間ドラマ3本分。 »

2013年4月10日 (水)

『写楽 閉じた国の幻(下)』(島田荘司著)それ以外の謎はすべてほっとかれて、写楽の謎だけは証明完了する。

写楽とはいったい何者だったのか? 著者が出した答えはこれまでにないものだった。推理自体はとても興味深い。とても合理的で、私も同意でき、スッキリとしている。

しかし、小説としてそれ以外のことがほったらかしのまま物語が終わってしまったのが残念。冒頭の回転ドア事故の県はどうなるのか? 貞三夫婦の諍いは?片桐はなぜそこまで貞三のために尽くしたのか? 大阪で発見されたオランダ語の署名のある肉筆画の持つ意味は? 写楽の謎はスッキリしたが、その他のことがあまりスッキリしない。特に、子供が死んだ回転ドア事故を物語のマクラのように扱われていることについては、あまり良い印象を与えない。著者自身もあとがきで書いているが、この物語はやはり続編を書くべきではないだろうか。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『写楽 閉じた国の幻(上)』(島田荘司著)興味深い推理だが、残念なのは、タイトルでネタバレしていること。 | トップページ | 『邪馬台国殺人紀行』(鯨統一郎著)美女3人・旅情・殺人、2時間ドラマ3本分。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ