« 東京芸術劇場リニューアル記念『マシーン日記』 狂った世界の中で、ドロシーは、ちょっとだけ幸福だったのか? | トップページ | 演劇『LOST and FOUND』(1)文夏に歌わせろ! と、アンケートにちゃんと書いておきました。 »

2013年3月25日 (月)

『タイムスリップ竜馬と五十六』(鯨統一郎著)山本五十六が連合艦隊司令官という器を超えたとき、奇跡が起こる。

タイムスリップシリーズの第9弾。これだけシリーズ化されているということは評判が良い、ということなんでしょうね。私は第1作の森鴎外がベストでラストだと思っていますが。

今回のタイムスリップは、現在から女子高校生が、幕末から坂本竜馬が、太平洋戦争開戦前夜にタイムスリップするというもの。2人は連合艦隊司令官・山本五十六と出会う。未来から来た女子高生は日本が負けることを知っており、山本五十六に戦争回避を訴える。3人は団結し、戦争回避に向けて動き始めるのだが、、、

彼らが「開戦やむなし」と凝り固まった東條英機などの軍部をどう説得していくか、が話のポイントなのだが、まさかの大逆転のキーパーソンは、山本五十六。かれが、連合艦隊司令官という器を超えたとき、奇跡が起こる。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 東京芸術劇場リニューアル記念『マシーン日記』 狂った世界の中で、ドロシーは、ちょっとだけ幸福だったのか? | トップページ | 演劇『LOST and FOUND』(1)文夏に歌わせろ! と、アンケートにちゃんと書いておきました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ