« 『ソクラテスと朝食を 日常生活を哲学する』(ロバート・ロウランド・スミス著, 鈴木晶訳)日常を疑う・考えるから、我は存在する。 | トップページ | 『三国志 第八巻』(宮城谷昌光著) 主役が去り、脇役が主役を支える時代に突入する。 »

2013年3月28日 (木)

『探偵ザンティピーの惻隠』(小路幸也著) 惻隠(そくいん)とは「かわいそうに思うこと、同情すること」。

「探偵ザンティピー」シリーズの第3弾。私は惻隠(そくいん)という言葉を知らなかったのですが、惻隠とは「かわいそうに思うこと、同情すること」だそうです。

ニューヨークの探偵ザンティピーは、大学職員のエヴァから、祖父から託された古い写真の持ち主を探しを依頼される。その裏に書かれた数字で買った宝くじで大当たりをした彼女は、賞金で日本へ渡り、持ち主に写真を返したい という。その仕事を果たすため、ザンティピーはまたもや日本の北海道にやってくる。写真の持ち主の割り出しにはあっさり成功したものの、写真から驚愕の事実が浮かび上がる。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『ソクラテスと朝食を 日常生活を哲学する』(ロバート・ロウランド・スミス著, 鈴木晶訳)日常を疑う・考えるから、我は存在する。 | トップページ | 『三国志 第八巻』(宮城谷昌光著) 主役が去り、脇役が主役を支える時代に突入する。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ