« 『移行期的混乱: 経済成長神話の終わり』(平川克美著)成長戦略よりも成長しなくてもやっていけるための戦略がないことが問題。 | トップページ | 映画『偽りなき者』 これは私たちの身の上にも起こりうる恐怖である。 »

2013年3月20日 (水)

『リライブ』(小路幸也著)「あのときこうしておけば良かった」という後悔はなるべくしたくないもの。

死に逝くひとの前に現れて、そのひとの<思い出>をいただくという「獏」(バク)。獏は夢を食べる空想上の動物とされているが、この物語の獏は<思い出>をいただく。その代わりに、人生で失ったものを一つだけ取り戻すことができるという。死に逝くひとが「あのときこうしておけば良かった」と思えるときに、そのひとの人生を戻し、やり直しをさせてくれる、というのだ。これは、その取引に応じたひとたちの物語である。

人生は、「あのときこうしておけば良かった」という後悔の連続である。しかし、ひとは、「あのときこうしておけば良かった」という、できなかった・しなかった選択の行く末を見ることができない。それはそうだ、たった1度の人生だもの。それを見せてくれる、というのは魅力的な提案に違いない。

しかし、その提案が魅力的であれば、魅力的であるほど、「あのときこうしておけば良かった」という後悔はしたくないと、この物語を読む「生きている」読者は思わずにはいられないだろう。そして、この物語で語られる「あのときこうしておけば良かった」という後悔は、自分のためではなく、他の誰かを思いやっているが故に発せられるものである。それだけに、なおさら、「あのときこうしておけば良かった」という後悔はしたくないと思わずにはいられないだろう。誰かを思いやっているが故に発せられる「願い」。それが人生を変えていくものかもしれない。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『移行期的混乱: 経済成長神話の終わり』(平川克美著)成長戦略よりも成長しなくてもやっていけるための戦略がないことが問題。 | トップページ | 映画『偽りなき者』 これは私たちの身の上にも起こりうる恐怖である。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ