« 『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』(前野隆司著) 「お前はすでに死んでいる」。だから、死を怖れることなどない。 | トップページ | 『まほろ駅前番外地』(三浦しをん著)まほろという架空の町のしかも番外地。この物語は一種のファンタジーかも。 »

2013年3月17日 (日)

『日本語のゆくえ』(吉本隆明著)そもそも私は「芸術言語論」というものに興味がない、ということが判った。

吉本隆明さんによる「芸術言語論」入門。「日本語における芸術的価値とは何か」というテーマについて、吉本さんが母校の東工大で行った集中講義をもとに構成されている。

しかし、私は吉本さんが何が言いたいのか、さっぱりわからなかった。「芸術言語論」という分野に私が興味がないからだろう。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』(前野隆司著) 「お前はすでに死んでいる」。だから、死を怖れることなどない。 | トップページ | 『まほろ駅前番外地』(三浦しをん著)まほろという架空の町のしかも番外地。この物語は一種のファンタジーかも。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ