« 演劇『LOST and FOUND』(3) 天道梢恵のこと。 | トップページ | 『探偵ザンティピーの惻隠』(小路幸也著) 惻隠(そくいん)とは「かわいそうに思うこと、同情すること」。 »

2013年3月27日 (水)

『ソクラテスと朝食を 日常生活を哲学する』(ロバート・ロウランド・スミス著, 鈴木晶訳)日常を疑う・考えるから、我は存在する。

朝目覚めて、身支度をし、会社に行って、仕事をして、昼食をとり、仕事をサボり、風呂に入り、本を読み、テレビを見たり、夕食をとり、同居人と喧嘩したり、セックスしたり、そして眠りにつく。そういう日常の生活、日々の行動、行為すべてを「哲学」で語る、という本。いちいちそういうことを「哲学」していたら気の休まる暇がない、脳がフル回転して頭から湯気が出て、心臓の鼓動が高まり、寿命を縮めてしまうんじゃないかと思うけれども、哲学者というのは、そういうことを延々と考察し続けてきた。日常を疑う。疑う・考えるから、我は存在する。 「何故」という問いかけから哲学は始まる。「何故」という問いかけが人類を進歩させ続けたと言えるかもしれない。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 演劇『LOST and FOUND』(3) 天道梢恵のこと。 | トップページ | 『探偵ザンティピーの惻隠』(小路幸也著) 惻隠(そくいん)とは「かわいそうに思うこと、同情すること」。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ