« MtG:【ギルド門侵犯】『身分詐称』 呪禁持ちの『聖トラフトの霊』対策にならないのがネック。 | トップページ | 映画『遺体 明日への十日間』 「ひと」は、亡くなっても「ひと」である。 »

2013年3月14日 (木)

『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』(三上延著) 栞子が一筋縄ではいかない人物であることがより鮮明になっていく。

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第3巻。物語の根底には、栞子とまだ登場していない栞子の母親との密かな葛藤がある。第3巻では、栞子が一筋縄ではいかない人物であることがより鮮明になっていく。

そして、前巻から栞子が探し求めていた「クラクラ日記」が、意外な場所から出てきます。そして、次の巻では、娘と母の直接対決が見られる、はず。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« MtG:【ギルド門侵犯】『身分詐称』 呪禁持ちの『聖トラフトの霊』対策にならないのがネック。 | トップページ | 映画『遺体 明日への十日間』 「ひと」は、亡くなっても「ひと」である。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ