« 『ドーン』(平野啓一郎著)著者が提唱する「分人」(dividual)を小説として描いた作品。 | トップページ | 『特攻の島 5』(佐藤秀峰作) 「死ぬために生きた」特攻隊員が「生きる」。だからこそ、この物語は私の心に突き刺さる。 »

2013年2月23日 (土)

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』(三上延著) 栞子さんの謎解きの見事さは、本好きの心をくすぐる。

フジテレビの月9ドラマになった「ビブリア古書堂の事件手帖」。だから読み始めたのではなく、この第2巻が読みたかったから第1巻を買って読みました。何故、第2巻が読みたかったのかというと、謎解きの題材として坂口三千代の『クラクラ日記 (ちくま文庫)』が取り上げられていることを書店でのパラ見で知ったからです。残念ながら、この謎は次巻に持ち越しになったようなので、第3巻も買って読もうと思っています。

それを差し引いても、この「ビブリア古書堂」シリーズは、本好きの心をくすぐります。スタンリー・キューブリックの映画『時計仕掛けのオレンジ』しか知らず、原作を読んだはないであろう読者にも、そのからくりをしっている読者にも、栞子さんの謎解きは見事に思えるでしょう。
そして、福田定一や足塚不二雄という耳慣れない作家の本。その話がその話の中で完結しているのではなく、1つの物語として繋がっていくのも、この「ビブリア古書堂」シリーズの魅力かもしれません。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『ドーン』(平野啓一郎著)著者が提唱する「分人」(dividual)を小説として描いた作品。 | トップページ | 『特攻の島 5』(佐藤秀峰作) 「死ぬために生きた」特攻隊員が「生きる」。だからこそ、この物語は私の心に突き刺さる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ