« 『SOSの猿』(伊坂幸太郎著)ひとの内側ではバロンダンスが果てしなく繰り広げられている。 | トップページ | 『ザ・ヨシザワ家族&Athena Live Vol.5』(2013/01/06@高円寺SHOWBOAT) ザ・ヨシザワ家族&Athena&金魚椿は星のように輝く。 »

2013年1月 6日 (日)

映画『シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~』 ★3つより大切なことをこの映画は教えてくれる。

映画『シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~』COMME UN CHEF
監督:ダニエル・コーエン

美しい恋人と暮らす料理人のジャッキー(ミカエル・ユーン)は、料理の腕は一流だが、生意気な性格のため、仕事が長続きしない。恋人とそのお腹の中にいる彼らの子供のために、彼はペンキ塗りの職に就くが、料理への想いは断ち切れない。彼は、ふとした事から、三ツ星レストランのシェフ・ラガルド(ジャン・レノ)にその才能を買われ、彼の下で働くことに。
15年間、三ツ星を守り通してきたラガルドだが、新しい料理を生みだすことができず、三ツ星を失う危機に瀕していた。その危機にジャッキーたちが立ち上がる。

『レオン』の、というよりは、最近はすっかりドラえもんオジサンと化しているジャン・レノが三ツ星シェフを演じる。タイトルのとおり、オーナーとシェフとの確執、三ツ星を失うことへの恐れ、など、三ツ星レストランの裏側も垣間見れる。

途中、分子料理などといういかがわしいものが出てきたり、いかにもな「日本人」に変装したりと、そういうわけのわからない展開はフランス映画だなあ、と思ったりも。でも、最後には、★3つよりも大切なことをシェフたちが見つけるという、まさに収まるべきところに収まっていくのが、わかりやすくて良い。

映画「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」予告編

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『SOSの猿』(伊坂幸太郎著)ひとの内側ではバロンダンスが果てしなく繰り広げられている。 | トップページ | 『ザ・ヨシザワ家族&Athena Live Vol.5』(2013/01/06@高円寺SHOWBOAT) ザ・ヨシザワ家族&Athena&金魚椿は星のように輝く。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ