« 『13歳は二度あるか』(吉本隆明著) 「今という時代を生きる」ということはどういうことか。あなたが13歳でなくても読んでほしい本。 | トップページ | 劇団☆新感線・2012越冬興行SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』 日本人はもっとかぶこうじゃないか。 »

2013年1月21日 (月)

『雇用の常識 決着版: 「本当に見えるウソ」』(海老原嗣生著) 私たちは事実を直視しないまま「若者かわいそう」論に踊らされてはいないだろうか。

雇用に関しては、データとも実務ともかけ離れた言説が飛びかい、それがさらに誤った雇用の方針や国の政策につながってしまい、問題を大きく、深刻にしてしまっている。著者はそのように警鐘を鳴らす。

非正規社員が1700万人を超え、3人に1人が正規社員でないという実態は、「若者が正規社員になれない、若者がかわいそう」という議論につながっている。しかし、年代別にみると、非正規社員の6割以上が40歳以上。決して若者が正規社員になれない、ということではない。さらに、非正規社員1700万人のうち一番多いのが、900万人の主婦、続いて高齢者、学生であり、それらを含めると1300万人。実に8割近くが正規社員になることを望まないひとたち、と言える。そういう事実を直視せず、「若者がかわいそう」という言説が飛び交っている。

著者は、雇用に関して一般的には信じられている言説のウソをデータや事実をもとに1つ1つつき壊していく。
・終身雇用は崩壊していない
・転職はちっとも一般化していない
・正社員は減っていない
など、一般に信じられていることと事実は全く逆なのだ。雰囲気や定説やありがちな論調に踊らされることなく、普段から「あれ、そういうのってなんか変だそ」とふと気付くような感覚を研ぎ澄ませておきたい。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『13歳は二度あるか』(吉本隆明著) 「今という時代を生きる」ということはどういうことか。あなたが13歳でなくても読んでほしい本。 | トップページ | 劇団☆新感線・2012越冬興行SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』 日本人はもっとかぶこうじゃないか。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ