« あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 | トップページ | 『倭人伝、古事記の正体 卑弥呼と古代王権のルーツ』(足立倫行著)学者と読者をつなぐ架け橋のような仕事(ルポ)。 »

2013年1月 1日 (火)

『世界認識の方法』(吉本隆明著) 吉本隆明・中級編。フーコーとの対談は間合いを測って、間合いを詰め切れなかった印象。

この本のウリはフーコーとの対談。しかし、対談というより、間合いを測って、間合いを詰め切れなかった印象がある。といっても、私には二人の主張がチンプンカンプンで脱落しそうですが、そういう緊張感だけは伝わりました。

この本の裏テーマは「マルクス」だろう。私たちはマルクス主義およびそれに基づく国家のありかたの失敗を目の当たりにし、マルクスの思想までダメなものと思いがちだが、マルクス後に発生したマルクス主義およびそれに基づく国家のありかたと、マルクスそのひとの思想とは似て非なるものである。
ただし、マルクスの思想も、19世紀のヨーロッパという世界を見抜く思想であり、21世紀の世界を見抜いた思想ではない。マルクスとの付き合い方は難しい。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 | トップページ | 『倭人伝、古事記の正体 卑弥呼と古代王権のルーツ』(足立倫行著)学者と読者をつなぐ架け橋のような仕事(ルポ)。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ