« 『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』(ミシマ社編) 本は、ただ本屋さんで売られているのではなく、いろいろなひとの想いを載せて読者に届く。 | トップページ | 映画『アルゴ』 事実は映画より奇なり、を映画にした映画。緊迫感がハンパない。 »

2013年1月15日 (火)

『街場の文体論』(内田樹著) これこそが本当の内田センセーの最終講義。

「この本がたぶん文学と言語について、まとまったものを書く最後の機会になると思います。そういう気持ちもあって、『言いたいこと』を全部詰め込みました」という内田センセーの大学での最終講義は、「クリエイティブ・ライティング」。自分の書いたもの、自分の言葉をどうしたら伝えることができるのか、を大学生にまさに「伝えたい・わかってほしい」という思いを込めて語る。

自分が伝えたいことを伝えることは、相手への敬意を込め、「情理を尽くして」語ること。そして、そういう言葉は、相手の心に届き、そして心の中に残る。心の中に残った言葉はまた誰かに伝えられ、誰かの心に届き、そして誰かの心の中に残る。
人間が残すことができるのは、自らの生物としてのDNAだけではない。そういう言葉もまた、遺伝子のように残り、伝えられていく。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』(ミシマ社編) 本は、ただ本屋さんで売られているのではなく、いろいろなひとの想いを載せて読者に届く。 | トップページ | 映画『アルゴ』 事実は映画より奇なり、を映画にした映画。緊迫感がハンパない。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ