« 『Red: Deluxe Edition』(テイラー・スウィフト)恋愛ダメ女はモテ女である。 | トップページ | 『「しがらみ」を科学する: 高校生からの社会心理学入門』(山岸俊男著) 「社会に出るのが何となく不安だ。」と感じている高校生に、社会とは何か教える本。 »

2013年1月26日 (土)

『ぶたぶた図書館』(矢崎存美著)ぶたぶたさんの物語はいつ読んでも癒される。中身はオッサンだけど。

本好きにとっては、年末の風物詩とも言える「ぶたぶた」シリーズの新刊。今回の舞台は図書館。もともとぶたぶたさんは本好きという設定なのでぴったり。

本好きの中学生・雪音と市立図書館の司書・寿美子は、「ぬいぐるみおとまり会」のポスター作りに取り組んでいた。「ぬいぐるみおとまり会」とは、海外では有名らしいが、子供たちのぬいぐるみを預かり、夜の図書館での彼らの様子を撮影して贈るという企画。絵本を読んだり、本の整理をして働くぬいぐるみたち。そんな彼女たちの前に、まさに「ぬいぐるみおとまり会」のポスターにぴったりな、ぶたぶたさんが現れる。

そこに、弟を亡くした元カメラマンや、娘とのコミュニケーションに悩む寿美子の姉などが関わって、「ぬいぐるみおとまり会」を巡る連作のような作り。ぶたぶたさんの物語はいつ読んでも癒されるなあ。中身はオッサンだけど。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『Red: Deluxe Edition』(テイラー・スウィフト)恋愛ダメ女はモテ女である。 | トップページ | 『「しがらみ」を科学する: 高校生からの社会心理学入門』(山岸俊男著) 「社会に出るのが何となく不安だ。」と感じている高校生に、社会とは何か教える本。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ