« 『「しがらみ」を科学する: 高校生からの社会心理学入門』(山岸俊男著) 「社会に出るのが何となく不安だ。」と感じている高校生に、社会とは何か教える本。 | トップページ | 映画『おおかみこどもの雨と雪』 嵐の夜のあとの清々しい青空。その青空を信じて、親は子供を手放さなくてはならないものなのかもしれない。 »

2013年1月28日 (月)

『ドラゴンリップ 刑事・竜めぐみの体当たり捜査』(鯨統一郎著) 主役の竜めぐみには真木よう子をぜひ。

警視庁捜査一課の美人刑事・竜めぐみが、上司の命令を無視、独断専行で捜査を進めて殺人事件を解決するミステリィ。

事件は、下戸のジャーナリストの飲酒運転による死、ロボットによるロボット技術者殺人、高所恐怖症の市議会議員の転落死の3つ。といっても、刑事コロンボ形式で、誰が何故どうやって殺したのかを読者に提示している。なので、竜めぐみがどうやって真相に近づいていき、犯人を追いつめていくか、が読みどころ、、、のはずなのだが。

それぞれの事件が『唇よ、熱く君を語れ』、『人形の家』、『ブルー・シャトウ』といった昭和の名曲に見立てられているのは著者ならでは。ネットでは、この物語を映像化するなら、主役の竜めぐみには真木よう子を、という声が多かったが、確かに、そういうイメージはあるなあ。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『「しがらみ」を科学する: 高校生からの社会心理学入門』(山岸俊男著) 「社会に出るのが何となく不安だ。」と感じている高校生に、社会とは何か教える本。 | トップページ | 映画『おおかみこどもの雨と雪』 嵐の夜のあとの清々しい青空。その青空を信じて、親は子供を手放さなくてはならないものなのかもしれない。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ