« TOKYO名物 中村JAPAN『BODYSLAP』(東京タワーエンタメ祭) 東京タワーから東京を、日本を元気に! | トップページ | 徳永愛『Anti-gravity VIEWS!(なんてこった林檎)』 先行販売イベント(2012/12/2)@スタジオCHANCE 普段通い慣れたスタジオCHANCEがまるで異空間に。 »

2012年12月 2日 (日)

『あるキング』(伊坂幸太郎著) 「運命」とは自分の人生とは関係ないところからやってきて、そして去っていくものなのかも知れない。

伊坂幸太郎さんの作品の中では異質と言われる作品。文庫になってかなり加筆されたようだが、私は連載や単行本を読んだことがないのでわからない。

弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである平凡な両親のもとに、山田王求は生まれた。“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の少年は、野球の才能が飛び抜けていた。彼の両親は、彼を仙醍キングスの「王」にすべく、彼を育てる。
「王」となるべく生まれ、「王」となるべく育てられた子供は、そのまま「王」として君臨する。しかし、「王」はその座を妬み、怨むものたちによって、その座を追われるのが、シェイクスピアが語るところでもある。すなわち、「王」となるべく生まれ、「王」となるべく育てられることも運命であるならば、「王」は殺されるのが運命でもある。
そういう「運命」によって語られる物語は、生まれては終わり、1つの物語が終われば新しい物語が生まれる。そう考えると、私たちの一生というものは「運命」というものが予め定められているのではなく、「運命」とは、自分の人生と関係ないところから、「外付け」で、それを「運命」と呼ばれるようにできているのではないか、と思える。そう考えると、軽々しく「運命」などという言葉を使うのも、なんだか馬鹿らしく思えてくるようでもある。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« TOKYO名物 中村JAPAN『BODYSLAP』(東京タワーエンタメ祭) 東京タワーから東京を、日本を元気に! | トップページ | 徳永愛『Anti-gravity VIEWS!(なんてこった林檎)』 先行販売イベント(2012/12/2)@スタジオCHANCE 普段通い慣れたスタジオCHANCEがまるで異空間に。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ