« 『アリアドネの弾丸(上)』(海堂尊著) 司法と医療の対立は、一発の銃声によって臨界に達する。 | トップページ | 『キャラクターズ』(東浩紀,桜坂洋著) 作られたキャラクターは分裂し、やがて暴走し始める。そんなものなのだろう。 »

2012年11月21日 (水)

『アリアドネの弾丸(下)』(海堂尊著) タイムリミットは72時間。白鳥&田口コンビは、司法から医療を守れるのか?

一発の銃声により、司法と医療の対立は臨界にまで達する。最新縦型MRI・コロンブスエッグの中には目から血を流す死体。そして、その傍には拳銃を握った高階病院長が倒れていた。警察は高階病院長を現行犯逮捕。東城大学病院の強制捜査開始までのタイムリミットは72時間。それまでに白鳥&田口コンビは、高階病院長の無実を立証できるのか?

文庫版の解説は、島田荘司。これでこの作品は「本格」のお墨付きをいただいた。最近の島田氏は承認機関としての権威でしかないのが寂しい限り。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『アリアドネの弾丸(上)』(海堂尊著) 司法と医療の対立は、一発の銃声によって臨界に達する。 | トップページ | 『キャラクターズ』(東浩紀,桜坂洋著) 作られたキャラクターは分裂し、やがて暴走し始める。そんなものなのだろう。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ