« 『アリアドネの弾丸(下)』(海堂尊著) タイムリミットは72時間。白鳥&田口コンビは、司法から医療を守れるのか? | トップページ | Dori & Orega Collection Vol.6『地球の王様』 部長に尊敬を! 宇宙飛行士にカレーを! »

2012年11月23日 (金)

『キャラクターズ』(東浩紀,桜坂洋著) 作られたキャラクターは分裂し、やがて暴走し始める。そんなものなのだろう。

東浩紀さんは本屋に行くと『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル』という本が目立つように置かれているので名前だけは知っていました。その思想家さんの東浩紀さんとライトノベル作家・桜坂洋の共同作品。文芸誌に、キャラクターとしての東浩紀を主人公とした作品を載せ、日本文学界に大いなる異議申し立てをする、という趣旨で作られた作品のようです。

キャラクターとしての主人公・東浩紀はキャラクターとしての人物(実名)たちとケンカし、やがて、キャラクターが3つの分裂し、暴走し始める。それは、某新聞社襲撃という事件に集約されるのだけれど、某新聞社というのもキャラクター化された記号に過ぎないのでしょうね。

なんだかわからないけれど、読後にひっかっかりを感じる作品でした。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『アリアドネの弾丸(下)』(海堂尊著) タイムリミットは72時間。白鳥&田口コンビは、司法から医療を守れるのか? | トップページ | Dori & Orega Collection Vol.6『地球の王様』 部長に尊敬を! 宇宙飛行士にカレーを! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ