« ミュージカル『ジェーン・エア』 荒野を彷徨うジェーン・エアが最後に辿りつく「許し」。 | トップページ | 『古事記 いのちと勇気の湧く神話』(大塚ひかり著) 歴史学者や考古学者の目線ではなく、古事記をブンガクとして紐解いていく面白さ。 »

2012年10月17日 (水)

『都道府県の持ちかた』(バカリズム著) 都道府県に関するどうでも良い情報が満載。

私の住んでいる神奈川県がリールを付けられて散歩させられている表紙を見て、即買いしてしまった。『都道府県の持ちかた』はバカリズム氏の持ちネタで、テレビで見るとつい笑ってしまうのだが、活字にして黙読してもその面白さがいまいち再現されない。やっぱり、バカリズム氏の語りがあってこそ、面白いネタなんだろうね。

ただ、都道府県に関するどうでも良い情報が満載なのが面白い。たとえば兵庫県は「手引きのこぎりの生産量1位」だとか、鳥取県が「カレールーの消費量が全国第2位」とか。

確かに、土地の売買によって区切られたアメリカの州境と違い、日本の県境は山や川といった地形が境になっていたり、昔からの支配地の名残が残っていたりするので、都道府県の形や大きさに特色があって面白い。各都道府県の特徴をつかむには良い本かも知れない。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« ミュージカル『ジェーン・エア』 荒野を彷徨うジェーン・エアが最後に辿りつく「許し」。 | トップページ | 『古事記 いのちと勇気の湧く神話』(大塚ひかり著) 歴史学者や考古学者の目線ではなく、古事記をブンガクとして紐解いていく面白さ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ