« 『オブ・ザ・ベースボール』(円城塔著) 不条理はどこまで行っても不条理である、ということなのだろう。 | トップページ | 映画『ダーク・シャドウ』 真っ白な顔にサングラスに帽子。ジョニー・デップがマイケル・ジャクソンに見える? »

2012年6月 9日 (土)

『ダウンタウン』(小路幸也著) 絶えず流れ続ける音楽、ちょっと苦いコーヒーの香り。こういう場所を青春に持っているひとは羨ましい。

「ダウンタウン」といって何を思い浮かべるだろうか? ちっとも面白くないくせに威張りくさっているお笑いコンビ? そうではなく、歌の『ダウンタウン』を思い浮かべるのが正解だろう。しかも、歌っているのはEPOでも土岐麻子でもなく、シュガー・ベイブの山下達郎。

狭くて小さな喫茶店「ぶろっく」。その喫茶店の店先には謎の数字が書かれている。その常連客になった高校生の少年が、その喫茶店で出会うひとたちによって大人と出会い、そして大人になっていく。

時代は1970年代後半。この物語のバックにあるのは、絶えず流れ続ける音楽、ちょっと苦いコーヒーの香り。こういう青春の帰れる場所があるのは羨ましい。そして、こういう場所は、帰ってこれるけど、帰らないのが、実はちょうど良い。



blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『オブ・ザ・ベースボール』(円城塔著) 不条理はどこまで行っても不条理である、ということなのだろう。 | トップページ | 映画『ダーク・シャドウ』 真っ白な顔にサングラスに帽子。ジョニー・デップがマイケル・ジャクソンに見える? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ