« 『文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎』(ジャレド・ダイアモンド著) 世界史=西洋史ではない、ということを改めて認識させられる本。 | トップページ | 『人が死なない防災』(片田敏孝著) 「自分の命は自分で守る」という言葉はよく使われるが、私たちはその意味を十分に理解しているだろうか。 »

2012年5月17日 (木)

『文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎』(ジャレド・ダイアモンド著)  文庫になって読みやすくなったが、それでもぶ厚い上下巻。読み応えはたっぷり。

人類1万3000年の歴史の謎を解き明かそうとする本の下巻。私の読解力がないせいなのか、西洋人が持ち込んだ「病原菌」がアメリカ先住民を滅ぼす原因になったのはわかったか、残りの「銃」と「鉄」が人類の歴史にとってどういう影響を与えたのか、この本にはあまり語られていないように感じた。銃よりは馬などの運搬・移動手段を持つ者と持たざる者の差、鉄よりも情報の伝達と蓄積する手段としての文字を持つ者と持たざる者の差の方がむしろ影響が大きかったのではないだろうか。

文庫になって読みやすくなったが、それでもぶ厚い上下巻。読み応えはたっぷりでした。


blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎』(ジャレド・ダイアモンド著) 世界史=西洋史ではない、ということを改めて認識させられる本。 | トップページ | 『人が死なない防災』(片田敏孝著) 「自分の命は自分で守る」という言葉はよく使われるが、私たちはその意味を十分に理解しているだろうか。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ