« 『日本の文脈』(内田樹、中沢新一著) 私たちは自然というものを超越した原子力という「荒ぶる神」の鎮め方を知らなかった。 | トップページ | 演劇『テキサス』 とにかくいろんなものをなんでもかんでもごった煮した意欲作。 »

2012年3月24日 (土)

『幕末時そば伝』(鯨統一郎著) 有名な落語の噺に、その裏話を創作することで新しい噺にする、という異色作。

有名な落語の噺に、その裏話を創作することで新しい噺にする、という異色作。ベースとなる落語の噺のオチは変えずに、落語の登場人物の八や熊、長屋の面々が、実は幕末の大事変に知らず知らずのうちに関わっていた、いわば時代を動かしていた。
高杉晋作は「目黒のさんま」で暗殺されることが決まり、井伊直弼の大老就任は「長屋の花見」で決まり、公武合体は「道具屋」が実現させ、大政奉還は「時そば」のおかげ。ここまでホラを吹かれると、もう笑うしかありませんね。


最後に余計なことを。
単行本のタイトルは、『異譚・千早振る』。鯨統一郎さんの本は、ノベルズや文庫になるときにタイトルが変わることがあるので、すでに単行本をお持ちの方は新作だと思って間違って買わないようにご注意ください。

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『日本の文脈』(内田樹、中沢新一著) 私たちは自然というものを超越した原子力という「荒ぶる神」の鎮め方を知らなかった。 | トップページ | 演劇『テキサス』 とにかくいろんなものをなんでもかんでもごった煮した意欲作。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ