« 『真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒』(大沼紀子著) 『真夜中のパン屋さん』がついにシリーズ化。自分の言葉が相手に伝わらないのは、最初から言葉は通じないと思いこんでいるだけかもしれない | トップページ | 演劇「加藤健一事務所 vol.81 『ザ・シェルター』『寿歌』2本立て公演」 死の灰ではない、本物の雪がこれでもか、というくらい降り注ぐ世界は、ただ、ただ、美しい。 »

2012年3月10日 (土)

『湯布院・産土神の殺人 - 作家六波羅一輝の推理』(鯨統一郎著) 「作家六波羅一輝の推理」シリーズは、もっとも鯨統一郎が得意とするシリーズと言えるかも知れない

ミステリィ作家の六波羅一輝が取材先で殺人事件に遭遇し、それを解決するという、「作家六波羅一輝の推理」シリーズ。各地の伝承などをベースにしており、旅情ミステリィとしても楽しめる。そして、民俗学というそれ自体が謎解きのような学問をベースにしているため、ネタも豊富。「作家六波羅一輝の推理」シリーズは、もっとも鯨統一郎が得意とするシリーズと言えるかも知れない。

今回の舞台は、湯布院、別府、宇佐八幡といった大分の名所が物語の舞台となる。「財産はすべて隠し子に譲る」という遺言から巻き起こる連続殺人。犯人の目的は遺産か?復讐か?それとも祟りなのか?

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

« 『真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒』(大沼紀子著) 『真夜中のパン屋さん』がついにシリーズ化。自分の言葉が相手に伝わらないのは、最初から言葉は通じないと思いこんでいるだけかもしれない | トップページ | 演劇「加藤健一事務所 vol.81 『ザ・シェルター』『寿歌』2本立て公演」 死の灰ではない、本物の雪がこれでもか、というくらい降り注ぐ世界は、ただ、ただ、美しい。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ