« 映画『宇宙人ポール』 オタクなイギリス人2人組とアメリカンな宇宙人のロードムービー。新春1発目の映画にして2012年のNo.1かも。 | トップページ | 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN (23) めぐりあい宇宙編』 (安彦良和著) 安彦さん、『ジ・オリジン』という仕事をしてくれてありがとうございます。テレビ、映画、そして漫画と3度もガンダムを楽しむことができました。 »

2012年1月 5日 (木)

『彼女が追ってくる (碓氷優佳シリーズ)』(石持浅海著) 「自分には関係ない」という立ち位置で事件を見ている賢者ほど厄介なものはない。

『扉は閉ざされたまま』に始まって、いつの間にか、「碓氷優佳シリーズ」になってしまったシリーズ3作目。

碓氷優佳がたまたま参加した箱根旅行で、殺人事件が起こる。中条夏子は、かつての同僚で親友だった黒羽姫乃を刺殺。証拠を隠滅し、彼女は来るべき警察との対決に備えようとするが、その前に思わぬ敵、碓氷優佳が現れる。

「被害者のことを最も考えているのは、犯人」という著者の言葉にあるように、犯人は殺す前も、殺した後も被害者のことを意識しないわけにはいかなくなる。そして、この事件は、被害者もまた犯人のことを最も考えていた。殺したはずの被害者が、犯人を追い詰めていく。

碓氷優佳の凄いところは、事件から「超越」した視線でものごとを観ていることである。彼女は最初からすべてお見通しであったにも関わらず、「自分には関係ない」としてこの事件を見ている。彼女にとって、黒羽姫乃という女性が殺されたことにも、犯人である中条夏子がどういう結末を迎えようが、「自分には関係ない」。彼女たちに何が起きたのか、彼女たちの勝負にも葛藤にも全く関心がない。無関心な賢者ほど厄介なものはない。

« 映画『宇宙人ポール』 オタクなイギリス人2人組とアメリカンな宇宙人のロードムービー。新春1発目の映画にして2012年のNo.1かも。 | トップページ | 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN (23) めぐりあい宇宙編』 (安彦良和著) 安彦さん、『ジ・オリジン』という仕事をしてくれてありがとうございます。テレビ、映画、そして漫画と3度もガンダムを楽しむことができました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ